市内 引越し 相場

市内の引越し

 

同じ市内で、道路を1つはさんで向かいといっていいほどの近距離の引越しでした。

 

市内の引越し相場を調べ、安かったサカイさんに頼みました。

 

新しい引越し先のマンションも古い入居先のマンションも、建物の前の道路がせまく、管理人も常駐していたため、とにかく早く作業をすませなければなりませんでした。

 

前の入居先と新しい入居先と2往復したのですが、その間に一方通行もあり、しかも、引越し日に雨が降っていたので、トラックで往復するのと、荷物の運び出しに時間がかかりました。

 

それでも、サカイ引越センターのスタッフの方は、手際よく、丁寧に、半日かけて作業してくたださいました。

 

休憩をとっている様子もなく、狭い道路の前に長時間トラックが止まらないよう迅速に対応してくださったことに感動いたしました。

 

引越し料金を安くするには、まず相場を調べることから始めます。

 

見積金額が相場より高ければ交渉で必ずといっていいほど値下げされます。

 

また、梱包のコツは、1つにダンボールの中に、重いもの(書籍など)と軽いもの(衣類など)を混合して入れるのがコツです。

 

また、割れ物は割れ物と大きく書いておいた方が誰がみてもわかるので便利です。

 

書籍ばかり入れたダンボールは、女性では重くて運べないので、その分時間がかかります。

 

力のある男性が一人で引越し作業をするにしても、一度に重いダンボールをいくつも抱えて運ぶのは困難なため、ダンボールの中は、重いものと軽いものを半々にして入れるのがコツだと思います。

 

もちろん、ダンボールに「衣類、書籍」「食器(割れ物)」など、一つ一つ明記しておくことと、新しい入居先のどの部屋にそのダンボールを入れるのかを事前に書いておくと、あとで片付ける時にとても楽になると思います。